眼病を予防する

サングラスを活用しよう

目の疲れや充血がある場合は、市販の目薬で対処している人も多くなっていますが、緑内障や白内障などの眼病は少しずつ進行していきます。目の不調が長く続いている場合は放置せず、早めに眼科で診察や検査を受けましょう。眼病の原因のひとつには強い紫外線がありますが、目の病気の進行を抑えるにはやはり紫外線対策は欠かすことができません。日差しの強い時間帯の外出を避けるなども効果的ですが、やはり日差しが強い時間にも外出が必要になることもあります。手軽に行える紫外線対策としてはサングラスの着用がありますので、外出時に用意しておくことがおすすめです。サングラスはレンズの色も豊富でデザインも実に様々ですので、眼病予防はもちろんおしゃれアイテムとしても活用できます。スマートフォンなどからのブルーライトによる目への影響も気になりますが、ブルーライトカットタイプのメガネの人気も高まっています。

コンタクトレンズの着用時間を減らす

コンタクトレンズは目立たずに視力矯正ができることもあり、多くの人に活用されています。とても便利な存在ですが、間違った使い方は眼病のリスクもありますので正しい使い方を心掛けましょう。最近は視力に問題がなくてもおしゃれ目的でカラコンを使う人も増えていますが、粗悪なレンズは目を傷めることにつながります。視力矯正用のものも、カラコンも品質の良いレンズを選ぶことが大事です。ワンデーなどの使い捨てタイプも人気ですが、長期に使用するタイプはお手入れをきちんと行うことも大切ですので、洗浄や消毒は怠らないようにしましょう。長時間の着用で目の疲れや乾きを感じる場合は、使用時間を減らしてメガネを使うことも眼病の予防につながります。コンタクトの使用で目にトラブルを感じた場合は早めに眼科に相談しましょう。

© Copyright Protect Your Eyes. All Rights Reserved.