シーンに合わせてメガネを着替えるという発想

ファッションやシーンに合わせる

メガネは視力矯正に役立つことはもちろんですが、ファッションアイテムとしても注目されており視力矯正の必要がない人も伊達メガネを活用することは珍しくありません。メガネはひとつしか作っていないという人もありますが、洋服を着替えるようにシーンやファッションに合わせてメガネを替えることも考えてみてはいかがでしょうか。フレームは金属製とプラスチック製がありますが、金属の場合はビジネスシーンやフォーマルなシーンに向いています。プラスチックはよりカジュアルな雰囲気がありますので、普段使いやおしゃれ用に選ぶなど使い分けてみましょう。同じデザインでもフレームの色によって印象も大きく変わりますので、カラーにもこだわりたいところです。

形やレンズの色も変えてみる

メガネを複数持つときは形やレンズの色にもこだわってみてはいかがでしょうか。スクエアタイプは知的な雰囲気を出すのに役立ちますし、丸味を帯びたデザインは柔らかさや優しさ、可愛らしさを表現するのに役立ちます。レンズは色のないものを選ぶこともできますが、おしゃれ用にはカラーレンズも活用してみたいところです。茶色など色の濃いレンズはサングラスとしても活用できますし、淡いピンク色などは顔色を良く見せる効果もありますし、女性らしい雰囲気を出すのにも役立ちます。メガネのデザインにも流行がありますので、長年同じものを着用しているという人は最新のデザインにも挑戦してみてはいかがでしょうか。度数も運転用などはしっかりと視力矯正できるものを選んでおきたいですし、狭い室内ではより弱い度数のものを選ぶなどレンズの度数を変えることも考えてみましょう。

めがねはフレームの横幅と輪郭の最も横幅がある部分が同じになるくらいが良いとされ、顔の形によって似合う形状が違います。購入する際は、どの形状が自分に一番適しているかを店員さんに訊ねるといいでしょう。

© Copyright Protect Your Eyes. All Rights Reserved.